お焼香のやり方を分かり易く動画でご紹介 宗派別の回数と数珠の使い方も

Pocket

スポンサードリンク

お焼香のやり方を分かり易く動画でご紹介 宗派別の回数と数珠の使い方も

 

69cc362967bf72a91bade7a4633d425e_s
 

人生の最後の祭りごと。それがお葬式です。

冠婚葬祭については、経験値が多い人は数が限られています。それほど、冠婚葬祭の経験値を積むのには時間がかかると言う事です。

普通の方でも、お葬式に参列する事や法事に参加する事は1年に多くて1回あるかないかではないでしょうか。自分の場合はここ数年以上、お葬式に参列する事はありませんでしたから、他の方もそのくらいが平均になるのではないでしょうか。

そうなるとお葬式でのマナーなどはなかなか身に付かない物です。

 

 

お焼香のやり方 立礼焼香のやり方について

 

sougi04

出典:http://www.life-clean.jp/wisdom/syoukou-manner.php

 

 

最近のお葬式は、自宅で行う事が少なくなりました。

いわゆる葬儀場を使うケースがほとんどでしょう。

 

その場合、お焼香はどの様にすればよいのでしょうか?

もしかして、皆さん前の方のを見てまねていませんか~?

 

「お焼香って3回だっけ?1回だっけ?」と聞いてくる会社の同僚は確実にいます。

 

回数は後で御説明いたします。

では立礼焼香のやり方を紹介します。

 

 

①焼香台の手前で一度止まり、ご遺族の方と僧侶に一礼します。

②身を正して(直立不動でなくても大丈夫)遺影に合掌して一礼します。

③焼香台に進み、お焼香をします。

④再び合掌してから、遺族の方に一礼して、係員のいる方向に向かいます。

 

一応一番多いスタイルになると思いますので、これが基本と言う事になりますね!


 

 

お焼香のやり方 座礼焼香のやり方について

zarei_syoukou2

出典:http://nihonjinlife.com/tuyasanretu/saho.html

スポンサードリンク

 

座礼焼香は畳が引かれている葬儀場や自宅・お寺の葬儀の場合に行う事があります。

基本的には、立礼焼香と同じなのですが、移動する際は、まっすぐ立たないで腰をかがめた状態で移動しましょう。

お焼香をする時は、焼香台の前に正座をしてからお焼香してください。

Sponsored Link


法事では、この方法が多いかもしれませんね!

 

 

お焼香のやり方 回し焼香のやり方について

 

d7b07e9834a92f4b5bd918b27082b5d1_s
 

回し焼香は自宅で葬儀をする場合に、親族が行ったりします。

また葬儀場が狭い場合には、この方法が用いられるケースもあります。

 

この場合は、回し焼香炉が前の方から受取ったあと、焼香炉を膝の上に置いて姿勢を正してお焼香します。

お焼香が済んだら隣の方へお渡しください。

 

pic_shoukou03

出典:http://www.soto-kinki.net/butsuji/oshie_shoukou.php

 

 

 

お焼香のやり方 数珠の持ち方は?

 

c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s
 

 

数珠は葬儀の時の必需品ではありますが、どう持ったらいい物か悩んでしまいますよね!

 

細かい事を言うと、宗派によって数珠の形や玉数が違うのですが、そこはあえて抜きにして、自分のもっているものを使いましょう。

 

①短い数珠で合掌する時は左手に持って、両手を合わせる時に人さし指と親指の間にかけて合掌します。

②長い数珠の場合は両手の中指にかけて、手と手の間で擦り合わせて合掌します。

③お焼香をします。

 

 

お焼香の回数って分からないですよね!

基本的には宗派によってちがうので、自分の宗派に則って行う事が一番ベストです。

 

column-tex_img01

出典:http://www.osohshiki.jp/column/article/25/

お焼香は1~3回行うのが一般的ですが、葬儀社の係の方に「(時間の都合上)1回でお願い致します。」と言われる事も多々あります。

その場合は宗派による回数は気にせず指示に従いましょう。

葬儀のタイムスケジュールが狂ってしまう事がありますので。

 

また、葬儀会場によっては、お焼香の仕方を指導してくれるところもあるので、その場合もそのやり方に従うと良いと思います。

 

 

お焼香のやり方 まとめ

 

お葬式でのお焼香にやり方について紹介しました。実際お葬式は申し訳ありませんが行きたくはありません。

故人の顔を見てしまうとどうしても、やるせなくなってしまうので・・でもこれは必ず最低1回は通る道なのです。

確実に覚えなくてはいけないマナーなのかもしれませんが、このマナーだけはそうそう使いたくありませんね。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes