交通事故示談 保険屋の提示額にハンコを押す前にちょっと見て!

Pocket

スポンサードリンク

 

交通事故示談 保険屋の提示額にハンコを押す前にちょっと見て!

 

5f8bb0ce34344dac8c11f419199c0259_s
 

交通事故にあってしまった時に、あなたはどうすればいいかわからないですよね。

自分が加害者なら、自分の保険屋に「金払ってんだから、なんとかしてくれ!」と言えるのですが、被害者になった場合には、自分の保険会社は何もしてくれません。

そうなると病院への通院費や慰謝料など、どうやっても相手側に払ってもらわなければなりません。

そんな示談の仕方なんてわからないですよね・・

 

その他の交通事故のケースはこちらをご覧ください。

交通事故 その事故もう悩まないで!ケースごとに専門家が優しく説明します

 

 

交通事故示談 交通事故の示談とは?

 

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s
 

交通事故の被害者になった人がやっと示談したよ~

相手の提示金額が低くてさ~

なんてことをちょっとでも耳にたことはないでしょうか?

 

「示談=和解契約」と思っていた方が分かりやすいです。

 

この事故の件で和解契約をしたので、蒸し返しはしませんと言う事です。

 

示談したら追加請求が難しくなるので、基本的には1回で保険屋の提示金額にハンコを押さないのが条件です。

 

一番安い金額で言ってきますからね。

 

 

交通事故示談 示談はどういう時に必要?

 

2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_s
 

示談は交通事故をした際、被害者が怪我をしてしまった場合に被害者が入院したり、通院したりします。

また交通事故によって怪我をした時に体の痺れ等の障害が残るかもしれません。

 

車の壊れた部分の修理代や代車等、加害者が被害者に与えた損害の費用と慰謝料をひっくるめた合計金額を提示します。

 

この示談書は、被害者の怪我がある程度終了した段階から行われるのが通常です。

 

 

交通事故示談 示談をが行うの?

 

201109_naiyou

出典:http://www.platto.jp/tsunagi/etc/201109_naiyou.html

 

示談は先ほど紹介したように、和解契約です。

基本的には加害者側から示談書の提示がおこなわれるのが一般的ですが、何を考えているのか分からないのか、まるで連絡もよこさない加害者も当然います。

 

その場合は被害者側から、掛かった費用と慰謝料の全てを記した書類を加害者側に郵送することになります。

この場合郵送する時には、内容証明郵便を使って送ります。

 

万が一相手が「そんなの受取ってない」「知らない」なんで事を言わせないために、配達記録が残る内容証明郵便で送るのが正解になります。

 

もし最悪裁判所に提訴する形になった時に、内容証明郵便の配達記録が証拠になったり、時効停止の証拠になりますので、普通郵便ではなく、「内容証明郵便でお願いします」と言えば郵便局がそのようにしてくれます。

 

 

交通事故示談 示談をするメリット・デメリット

 

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s
 

示談をする場合、加害者側は当然ながら交渉のプロが登場します。

それに対して、挑戦者の被害者は自分自身が対応しなければなりません。

 

本来メリットは正直まるでないのですが、あえてメリットといえる程度ぐらいに思って下さい。

思わないと回答した三択の女王!竹下恵子さんに全部!

 

 

交通事故示談 考えられるメリットらしきもの

 

☑ 示談交渉は保険会社の担当者と行うので、自由に連絡を取り合って話し合いがする事ができ、効率よく進めば示談交渉は早期に解決します。

 

☑ 示談は当事者同士(代理人含む)で行うので、裁判による費用が発生しない。

 

☑ 示談交渉は保険会社の担当者が行いますが、裁判になった時は保険会社の弁護士と法的論争をしなければならないので、担当者と交渉した方が気持ちが楽。

 

 

自分で書きながら、メリットは正直おかしなことばかりです。

保険会社が考えた被害者に対する「示談交渉早期決着完全マニュアル」みたいな内容ですよね~。

 

 

特に3つ目は、相手が弁護士ならこっちも弁護士を立てるに決まってるじゃないですか!

これを考えた人は「損害保険会社の方か損害保険会社から送り込まれた秘密工作員」としか思えませんね!

 

2つ目については、裁判所に払う費用は1万円もかからないと思います。

 

唯一メリットかな~でもギリギリなんだよな~が1つ目だけですね~

 

メリットと表裏をなして一対となる物がデメリットです。

等価交換の関係は表があれば必ず裏があるのです。

 

 

交通事故示談 示談をするデメリット

 

14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
損害保険会社との示談交渉は、被害者にとってデメリット的な事しかないのが実情です。

 

もちろん会社と名乗る組織なので、利益を生み出さなければなりませんから、示談交渉時にも被害者への示談金の提示額が以上に低かったりします。

 

☑ 示談交渉時に交渉のプロの方に利があるので、安い示談金で話が進められてしまう。

 

☑ 保険会社の言われるままに示談してしまった後に、後遺症が発症した場合、治療費などの請求ができなくなる可能性が大きい。

 

☑ 弁護士基準の高額な慰謝料を請求できない。

 

☑ 保険会社によっては所構わず時間無視などのルール無用の示談交渉電話をかけて精神的圧力をかけられる。

 

 

この程度にしておきますが、デメリットは考えれば考えるだけ出てきます。

 

 

Sponsored Link


 

交通事故示談 弁護士がいる方が有利?弁護士費用はどのくらい?

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s
 

基本的に示談交渉するのは被害者vs加害者なのですが、誰もが任意保険をかけているので、示談交渉は被害者vs損害保険会社示談交渉担当の図式になります。

 

示談交渉のプロvs素人ですから、闘うまえから結果は見えてきます。

 

自賠責保険の示談額で交渉が始まりますから、話にならない金額なので当然ながらもめます。

 

そうなると弁護士が被害者側の代理人になって、隣に座ってくれるだけでもまったくもって展開が変わってきます。

 

問題は弁護士費用がどのくらいかかるのかです。

 

確かに弁護士費用は掛かります。

相場となると、日弁連が発表している平均金額は80万円にも上ります。

 

え~これじゃ~被害者が赤字になるのでは?と思っちゃいますよね~!

そこは弁護士さん達です。

当然依頼者を赤字にさせるわけには行きません!

自分の評判が落ちる可能性があるわけですからね~

 

弁護士費用は大まかに言うと、「着手金」と「成功報酬」です。

現在は「着手金」を無料としている弁護士も多く、かつ、獲得した示談金の中から自分たちの費用を捻出する形が多いので、当然必死に示談金の金額を高くしてきます。

被害者に利益をもたらしながら弁護士も「成功報酬」にあり付けると言うのが現状です。

 

 

 

交通事故示談 示談への流れは?かかる期間は?

 

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
 

 

交通事故が起きなければ示談も減ったくれも有りませんよね~

 

1. 交通事故が起きる(嫌ですけどね~)

事故した時に救急車が来なければ物損事故扱いになりますので、首が痛い等後で症状が出た場合は医者で診断書を書いてもらい、事故処理した警察署に持って行きます。

物損事故から人身事故に切り替わります。

 

2. 入院・通院治療

実費又は自分の保険で入院・通院します。病院は慣れているので、「交通事故で」と言えば病院側で対処してくれる所もあります。

 

3. 症状の安定・後遺障害の等級認定

これ以上治療しても良くならないとなると「症状安定」となります。

この段階で後遺障害の等級認定を行います。これは被害者からの請求で行うのが一般的です。

これも病院に相談するとなんとかしてくれます。

 

4. 保険会社との示談交渉

後遺障害の等級が確定した段階で保険会社との示談交渉になります。

この時に治療費・後遺障害の等級・車の修理代・代車代・精神的苦痛に伴う損害賠償金額全てを表示して、保険会社と対峙します。

 

5、 示談成立

自分が思い描いた金額で交渉が成立したら示談書にサインするのですが、この後にまた痛くなったなどの場合は追加での費用は認められにくくなる事は、ガッテン承知で~い!でサインしてください。

 

とま~このような時系列になると思います。

ただし、気を付けなければならないのが、時効です。

時効を過ぎてしまうと保険会社との示談が旨くいかなくても裁判所に提訴出来なくなりますから注意しましょう。

 

スポンサードリンク

交通事故による裁判所への提訴する時効期限

事故発生日から3が経過すると時効が成立していまいます。

 

 

事故から3年以内に示談が成立する見込みがない場合は、調停や自動車事故紛争処理センター等に申し立てる事で時効中断します。

 

他にも、時効中断をさせる事はいろいろあると思いますが、一番いいのはこの方法が確実課と思います。

後は3年以内に示談金額を表示した書面を内容証明郵便で送付する事です。

 

 

交通事故示談 示談をするタイミングは?

 

f3ccdefe55afb1ab551893a95061db3a_s
 

 

示談をするタイミングは事故から3年以内でかつ、症状の固定と後遺障害の等級が確定した段階で示談交渉になります。

交渉が長引く用であれば、時効中断をする為に調停又は裁判所に提訴する事になります。

 

 

交通事故示談 示談をしないとどうなるのか?

 

0f504435b040b5ee2ccc5f12138bc6ed_s
 

示談をする・しないを決めるのは被害者です。

時効期間を過ぎてしまってから相手に請求しても、「時効だから払わない」と言われてしまったら、慰謝料どころか治療費も支払ってもらえなくなります。

 

加害者側が被害者の請求に応じないで示談出来ない場合は、加害者側に年損害賠償額の5%の利息がかかって行きます。

 

また示談に応じない加害者は、刑事処分で過失運転致傷罪によって逮捕!起訴!実刑判決!と最悪数年間の刑務所の中で時を過ごす結果にもなります。

 

示談は加害者の量刑をも軽くしてくれるものなのです。

 

 

交通事故示談 示談金の相場は?

6a35c7da3c43c11daac2b93a24085128_s
 

基本的には示談金額の相場はあってないようなものです。

 

基本的な考え方は

①積極的損害(治療費・交通費など)

②消極的損害(休業費用・給料など)

③慰謝料

④物損による費用(車の修理代や事故によって洋服が裂けたなど)

 

①+②+③+④=示談金となります。

慰謝料の計算はさまざまあり、事故によって違ってきます。

最悪でも①+②+④=最低でも頂く金額

はもらいましょう!

 

 

交通事故示談 まとめ

 

交通事故による示談について紹介しました。

示談にも時効がある事を知っている方は少ないと思います。時効ってなくなったんじゃ~っと思っている方も相当いるのですけど、時効が亡くなったのは凶悪事件・殺人事件等の重大事件のみですからね!お

間違いないようにね~!それ以外は時効は何でも感でもついてまわりますので、「あ~請求し忘れた~」なんて事にならいでくださいね!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes