女性ホルモンの真実 女性ホルモンを増やす方法

Pocket

スポンサードリンク

女性ホルモンの真実 女性ホルモンを増やす方法

 


 

男の友だちで腕の毛やすね毛が少ない又は無い!と言う方は女性ホルモンが多いからとも言われています。

それに髪の毛は女性ホルモンの象徴とも言われており男性ホルモンが強いといわゆる波平さんのようになってしまいます。

では女性ホルモンって髪の毛だけに影響がある物なのでしょうか。

 

 

 

女性ホルモン 増やす方法 女性ホルモンの役割とは?

 


 

 

女性ホルモンは、女性にとってとても重要なホルモンなのです。自分の一生を通じて肌や身体・心や脳までもがその影響を受ける物質なのです。

女性ホルモンには2種類のホルモンがあり、美のホルモンと母のホルモンとも言われているものです。

 

☑ 美のホルモン=エストロゲン

子宮内膜を厚くする・卵子を育てる。この2つが基本になっています。

この他の役割としては、肌の潤いやハリ・新陳代謝の促進による痩せやすい体質にする・骨や血管を丈夫にする・記憶力をアップする等の役割があるようです。

 

 

 母のホルモン=プロゲステロン

恐竜の名前のような感じですが、女性ホルモンです。母なるホルモンですから妊娠の維持にかなりの影響を及ぼしてしるようです。また子宮内膜をさらに分厚くしたり、卵胞の発育の抑制・皮脂分泌の活発化・水分を体内に貯める作用・新陳代謝を遅らせる等に関与している模様です。

 

まさに女性の神秘にかかわるホルモンと言ってもいいのでしょうね。

 

 

 

女性ホルモン 増やす方法 女性ホルモンが少ないとどうなる?

 


 

これはサンプルが旦那さんの目の前にいるではありませんか!そうです。昔は乙女、今は太め・・・決して女性蔑視をしている訳ではありません。

ですがうちの鬼嫁は、最近なんだか嫁の字がなくなり変わりに、ババ・・・きゃー!!

 

女性ホルモンが少なくなるからと言って基本的には鬼にはなりません。女性ホルモンの分泌が減ってしまうと体調にかなりの変化が現れてきます

 

☑ 生理不順

☑ 生理痛の増加

☑ 不正出血

☑ 月経前症候群

☑ 自律神経失調症

☑ 不妊

☑ 更年期障害

☑ 肌荒れ

 

等が現れるようです。

他には頭から角が生える・犬歯が伸びて来る・夜な夜な包丁を研ぐなどなど、鬼婆伝説の序章が幕を開けるのです。

 

 

Sponsored Link

女性ホルモン 増やす方法 女性ホルモンの増やし方

 


 

 

女性ホルモンのピークは20代後半から30代後半で、それ以降は減少傾向になり、50代後半になると女性ホルモンの分泌はかなり減ってしまいます。

人間の体の神秘です。分泌が減った物は復活はしない。つまり減少は避けられないと言う事になります。

ただし、自分の体調をキッチリ管理する事で減少速度を落とす事が可能なのです。

 

美魔女になる為必要な事!これでいいのか?

 

☑ バランスの良い食事をとる

☑ 良質な睡眠

☑ 冷やさない体を作る

☑ ストレスを溜めない生活をする

☑ 体を積極的に動かす

☑ ドキドキとワクワクにチャレンジ!(決して石田純一さんの文化だ~!発言を助長する物ではありません)

 

 

これを実践するだけであなたは美魔女に成れるのです!

趣旨が違う気が・・・・

 

 

 

女性ホルモン 増やす方法 まとめ

 

女性ホルモンの増やし方などを紹介しました。何となく鬼嫁の鬼嫁たるゆえんがわかったような気がします。女性ホルモンが減ると「おすぎとピー子」さんになるわけですな~

では、皆さんガッテンボタン又へぇ~♪ボタンを連打しまくってください。

結構女性の方って体への負担が大きいのですね~。ではアデュ~♪

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes