再婚禁止期間が短縮に!メリットデメリットは

Pocket

スポンサードリンク

再婚禁止期間が短縮に!メリットデメリットは

 


 

2016年6月1日、それまで、反対派と賛成派に分かれての議論が続いていた。最高裁ようやく決着をつけた。

「民法733条」再婚禁止期間の見直しです。

この結果を受けて、多くの女性たちの進撃が開始されたのです。「進撃の女性」(放映時間 未定)巨大な民法の高い壁に一撃を加えた物語である。

 

 

 

再婚禁止期間とは?

 


 

 

離婚をした女性は再婚する期間を180日間開けなければならないと言う定めでしたが、今回の最高裁の裁決によって「過剰な制約で違憲」と判断された結果に基づくものです。

これによって、民法733条の規定が国会による改定を行う事とされ、2016年6月1日公布・施行が同時に行われる経緯となっています。

 

 

 

 

再婚禁止期間 なぜそのような期間を設けてあるの?

 


 

 

なんで、女性の再婚禁止期間を設けていたのか?

それは「その女性が妊娠していた」場合を想定していたからです。

 

つまり、この法律の言いたいところは女性を重きにした前提にはなっているのですが、隠れた真の意味は離婚した後の300日間に意味があるのです。

 

これは離婚後300日以内に産まれた子供は前亭主の子供と推定されるので、子供の父親は一体誰なんだい?と女性側に聞いているのです。

それが300日以内に産まれた子供の場合は前亭主?それとも違うの?子供の立場になった考え方の側面を持ちあわせているのです。

そのため、子供と父親の関係を巡る係争が起こる事を防ぐ目的のために設定された法律なのです。

 

 

 

再婚禁止期間 改正前と改正後の違いは?

 


 

 

【改定前民法733条の改定前】

再婚期間禁止期間を180日として

 

☑ 離婚後300日以内に産まれた子供は前の亭主の子供

☑ 180日間経過後に違う男性と結婚した場合、180日+200日経過した後に産まれた子供は再婚後の旦那の子供

 

 

【改定後原則は…】

 

☑ 再婚禁止期間を100日に短縮

☑ 離婚直後に妊娠が確認されていない場合、100日間の期間を置かずして再婚する事が可能

(この場合、医師の診断書等の提出が求められる)

 

 

それに離婚裁判になった場合には、離婚直後の再婚した場合には不貞な妻として扱われる可能性があって、「クソ亭主から慰謝料ふんだくってやる!」なんて思っていたら逆に「奥さん?離婚後すぐに結婚ですか?それって不倫していた事になりますよね!」と逆転裁判の結果になってしまう可能性も否定できませんからね。

 

この離婚裁判を傍聴したらめちゃめちゃ面白そうではありませんか?昼ドラのドロドロした感をリアルに見たいなら傍聴できる場合はしているといいかもしれませんよ。ちなみに傍聴できる場合は無料なはずですから~。

 

 

 

再婚禁止期間 改正後のメリットとデメリットは?

 


 

 

再婚禁止期間改定後のメリットとデメリットの存在にはどんな物が考えられるのか?

 

 

メリット

 

☑ 6ヶ月間待たずして別の男性との結婚が可能になる

☑ 離婚受理数と婚姻届の受理数が増加する(メリットなのか不明?)

☑ 100日以降に妊娠が分かった場合には、子供の父親が明確化される

 

 

デメリット

 

☑ 離婚後100日以内に婚姻届を出す場合には医師の診断書の提出が必要になる

☑ 離婚はしたものの、慰謝料等で裁判になっている場合には男性側から慰謝料を請求される可能性がある。

 

 

Sponsored Link


 

再婚禁止期間 改正による注意点は?

 


 

 

既に改正後の期間になってしまっているので、法律の公布施行時のトラブルは関係ありませんから、それを除外したものでの注意点としておきましょう。

 

何回も同じことの繰り返しになりますが、基本的にはこの繰り返しによる確認事項が正確差を増して行く事になります。

「はいはい」なんて方は自分がその立場になった時に慌てないようにして下さいね。特に離婚は心身共にかなりの疲弊を伴う事がありますので。

 

 

1. 離婚後100日以内に婚姻届を出す場合には医師の診断書に妊娠していない事が明記されている事が必要

 

2. 離婚後100日以内での婚姻届をだした時に全亭主と慰謝料についての裁判係争中であった場合には慰謝料の請求をされる可能性がある。

難しい言葉でいうと「お前は有責配偶者じゃないか~!」なんだそれ?ですよね。日本語訳しますと「お前は不倫していたって証拠じゃないか!」と言う事です。

そうなると精神的損害を奥様の方から受けたとされるケースも出てくる可能性は否定できないと言う事です。

 

 

再婚禁止期間 まとめ

 

 

再婚禁止期間について紹介してきました。確かにこの法律が制定された時から科学の進歩は凄まじい物があります。ですから子供のDNAを「京都科捜研の榊さん」にお願いすればすぐに誰の子供かわかりますから、「父子関係不存在確認の訴え」等の余計な裁判をしなくて済むようになります。大金持ちの男性から離婚した場合に子供には相続権が存在しますので、金銭を絡む問題にも発展しかねません。まさに~ドロドロ~「ボタンとユリ」状態?

簡単に言えば再婚禁止期間を改定した事で、子供がどちらの父親なの子なのかがはっきりしますからね。でも~DNA関係で全く違うDNAだった時は奥さん顔真っ青でしょうね~キャー~(BGM世にも奇妙な物語♪)では・・・

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes