寝起きが悪い時の対策 入眠障害を改善するには

Pocket

スポンサードリンク

寝起きが悪い時の対策  入眠障害を改善するには

 


 

「あなた~朝ですよ~」「あなたってば」

「うっせ~な!わかってんだよ!」

とこれぐらいなら可愛い寝起きが悪い人です。沸点0度(いつ怒り出すかわからない人)の方を起こす場合には更なる緊張が生まれます。

いわゆる逆切れです。かといって起こさないで放置すると起きてきた時には激怒状態だったりもします。そうです結構扱いが大変なのです。自分より早く寝て自分より遅く起きているのに不機嫌はなぜ?って思ってしまいませんか?

 

 

 

寝起きが悪い 入眠障害 眠障害とは

 


 

 

入眠障害と言う言葉を知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

入眠障害とは読んで字のごとく「なんで俺は寝れないんだ~」と布団に入ってから30~1時間経っても寝れない方で、かつその事を苦痛に思っている方の事を言います。

 

 

布団に入っても1時間以上寝れなくても苦痛ではなく次の日の生活にも支障をきたさない方は入眠障害とは言えないそうです。

ちょっとの時間でも寝れない事に苦痛を感じたら入眠障害があると考えた方がいいでしょうね。

 

 

 

寝起きが悪い 入眠障害 入眠障害を起こす原因

 


 

 

☑ 精神的ストレス

夜になっても交感神経が活発に動いている状態の為に脳がリラックスモードになれない為です。

 

☑ 体温が高い

普通は眠くなる前に体温が1℃下がるのですが、体温が下がらない場合に寝付けない状態になります。夜遅くにご飯を食べる等

 

☑ 体内時計がずれている

人間の体内時計は24時間10分~25時間と言われています。でも時計は24時間ですよね。どこかでリセットしないと、体内時計のまま過ごす事になると寝る時間がだんだん遅くなっていき、布団に入っても寝れない状態になってしまいます。

 

 

 

寝起きが悪い 入眠障害 睡眠のメカニズムとは

 


 

 

人が眠ると言う事は生命の維持機能の他に記憶の定着などにも大きく関与しています。睡眠は2種類の眠りの深さを繰り返しながら寝ているのです。

 

入眠後すぐに深い睡眠のノンレム睡眠に陥ります。この時が1番奥底まで行きます。

その1番深い所から徐々に浅い睡眠に変わっていきます。この周期を90分~120分の間隔で繰り返します。

 

浅い睡眠の時には脳は起きている状態のなので、記憶の定着や夢などを見ます。

朝に向かって浅い睡眠のレム睡眠が多くなっていき、覚醒するのです。

 

 

 

 

寝起きが悪い 入眠障害 どうして寝起きが悪くなるの?

 


 

 

寝起きが悪い人は自分が寝起きが悪くて周りに迷惑をかけていると自覚している人は少ないでしょう。だってまだ半分寝ているですから。

 

 

寝起きが悪くなる原因

 

☑ 睡眠の質が悪い

 

朝起きた時に、まだね足りない、なんで起きなければいけないんだ?と言う事が無意識化で起きます。そうなると起こしに来た方に暴言を吐いたり、怒りの矛先を向けて来るのです。

 

 

☑ ノンレム睡眠時に起こされる

 

睡眠が深い状態の時に起こされると、脳は休んだ状態でいますから、脳自体の活動のON・OFFができない状態になっています。ですから、動物の本能上寝ている物にちょっかいを出すと物凄い反撃を受ける事になります。

 

 

☑ 心配ごとは多すぎる

 

心配事が多すぎて睡眠障害を負う事があります。自律神経が乱れていると寝つきも悪く、途中覚醒したりしてもしてしまいます。毎日目が覚める時に不機嫌な方は自律神経が乱れている可能性もあることを理解しておきましょう。

 

Sponsored Link

寝起きが悪い 入眠障害 寝起きが良くなる対処法とは

 


 

 

至極簡単な事で寝起きが良くなるのです。それは日光を浴びる事です。

 

 

☑ 窓のある部屋で寝る

日の光を感じる部屋である事が大事です。

 

☑ 窓際に寝る

この時遮光カーテンだと光をさえぎってしまうので、普通のカーテンしておけば日の光で目が覚めます。すぐにカーテンを開けて外を眺めます。

 

☑ 外の景色を3分間眺める

この時に日光を3分間浴びる事で眠気のホルモンであるメラトニンが分解されて覚醒ホルモンのセロトニンが分泌を開始します。

 

 

以上!ってたったこれだけ!?これだけのことで寝起きが悪い人でも寝起きが仏様のようになるはずです。たぶん・・きっと・・沸点0°の方には逆に「眩しい!ふざけんな!」となる可能性も残っているので気をつけましょう。

 

 

 

寝起きが悪い 入眠障害 睡眠の質を上げるには

 


 

睡眠の質を上げるにはどうしたらいいのか?ってそれは簡単な事です。

眠たくなったらねる!これで決まりさ~♪マッチ風に言ってみましょう~ハズレですけどね~

 

 

自分なりの儀式を執り行う

 

☑ 水を飲む

 

体温を少し下げる目的と寝ている時に汗をかくために水分補給の目的の為です。

 

☑ 本又は雑誌を見る

 

光を放つ物は睡眠にとっては邪悪なる存在になるのです。と言いつつ自分は寝る直前までPCで作業してますけどね~!あ~だから寝れないんだ!と今納得。

 

 

☑ 匂いを嗅ぐ

匂いフェチな方には興奮材料になってしまいますが、コーヒー等の匂いを嗅ぐだけでも脳はα波を放ち始めます。匂いフェチの方ってそれはそれでリラックスできるのでしょうか?疑問です。

 

 

この3点を行うだけでもかなり普段とは違う眠りになりますよ!

 

 

 

寝起きが悪い 入眠障害 まとめ

 

寝起きが悪い 入眠障害について紹介してきました。結構なるほど~と思った方も多いのではないでしょうか?ちょっとした工夫で睡眠が改善できるのですから是非実践してみてください。やらないで後悔するなら、やってどん底まで後悔した方がいいと思いませんか?考えて見ると寝起きが悪い人って自分が寝起きが悪いって気が付いてないんだよな~

メビウスリングの中に飛び込んでしまったような気がする。では長い夜に乾杯!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes