飲む日焼け止めは効果がある?副作用や飲むタイミングは?

Pocket

スポンサードリンク

飲む日焼け止めは効果がある?副作用や飲むタイミングは?

 


 

「ちょっと~そこのボク~お姉さんの背中に日焼け止めクリーム塗ってくれないかな?」

なんて言われたらあなたならどうしますか?そんなシチュエーションに出あってみて~と思ってしまうのが夏のビーチですよね~。

そんな時に邪魔に入るのが、ええ~って思うような彼女の友だちが「飲む日焼け止めあるけど飲む?速効性は無いかもしれないけどね~」さっと手を出してくるお決まりのパターンですよね。

 

 

 

飲む日焼け止め 効果 飲む日焼け止めとは?

 


 

飲む日焼け止め?と初めて聞く方も中にはいるでしょう。海外ではどうも主流のような感じです。

日本では、薬事法の関係で2015年まで販売は出来ませんでしたが、2016年に解禁となった訳です。

 

この飲む日焼け止めとは一体どうすればいいのか成分はなにが入っているのか気になっちゃいますが、ローズマリーやシトラスから抽出した「ニュートロックスサン」やトマトに含まれる「リコピン」や「ビタミンE」が含まれています。

 

なんかサプリメント見たいですよね~

 

 

 

飲む日焼け止め 効果 飲む日焼け止めの効果は?

 


 

 

飲む日焼け止めにはどんな効果があるのでしょう?やっぱり飲むのは効果無さそうな気がすると思うのは「僕の悪い癖」。

飲む日焼け止めと言うくらいですから、頭のてっぺんからつま先まで効果てきめんで、ビーチに居ながら美白!を期待しちゃいますよね~

 

 

でもどうやらそうもいかないのが、この飲む日焼け止めみ見たいです。

 

 
  • 「日焼け止めを軽減する働き」
  • 「メラニンを抑制する働き」
  • 「肌の酸化を防ぐ働き」
 

と言う効果が期待されています。

 

 

 

飲む日焼け止め 効果 デメリットや副作用は?

 


 

 

飲む日焼け止めと言うと体は大丈夫なのか?と思ってしまいがちですが、どの商品もとりあえずは自然由来などうんぬんかんぬんと書いてあるので大丈夫でしょう。

 

 

考えられるデメリット

 

 

1.コスパが悪い

飲む日焼け止めはかなりコスパが悪いです。平均すると一粒100円~200円になっています。

一袋で7~8000円しそうです。これって意外と高い。綺麗なお姉さんの背中にヌリヌリ出来る日焼け止めクリームは平均すると1000円~ですから約7倍近く違います。

 

 

2.効果が目に見えない

飲むタイプの最大のデメリットかもしれません。飲めば飲むほど白くなる訳ではなく、焼けているのか?焼けていないのか?どっちなんだいって感じかもしれません。

飲み続けることで紫外線に対する体の耐性が出来て来るので、1日のみ忘れても、後で飲んでも大丈夫です。数十年後の肌対策の為とは言っても、どうなんでしょうね。

 

 

3.赤ちゃんには使えない

飲む日焼け止めの大半は4歳以上からとなっている様です。0歳児からでも飲める物もあるようですが、メチャメチャ不安ですよね~

赤ちゃんにサプリメント見たいな物はどうんなでしょう?

 

 

副作用についてはどの商品も天然由来・自然由来なんて書いてありますが、パッケージの裏に自分がダメなアレルゲンがあったら購入しない方が良いでしょう。

最悪はアナフィラキシーショック!!になってしまいますからね~

 

 

Sponsored Link

飲む日焼け止め 効果 塗る日焼け止めのメリットとデメリット

 


 

 

今も主流な塗るタイプのメリットとデメリットについて見て行きましょう。

 

 

メリット

 
  • コスパに優れている
  • 種類も豊富
  • 毎日使えるテクスチャーとしても活用できる
  • ビーチのおねえ~さ~んの肌に触れる
 

 

デメリット

 
  • 塗りすぎるとベタベタする
  • 塗りムラができる
  • 何回も塗る時がある
  • 下手に塗るとおねえさんに怒られる
  • 塗り方を間違えると、松崎しげる又は東幹久のようになってしまう。
 

 

 

 

飲む日焼け止め 効果 効果的な飲み方とは?

 


 

 

飲む日焼け止めは即効性がどうやらあるようで、その日飲んでも効果があるようです。

紫外線に浴びる大体1時間前に飲めば効果があるそうです。

 

但し、商品によっては1日持続するのもあれば、4時間しか持たないタイプもあるので、基本的には、朝・昼・夕で飲む事になりますね。

 

 

 

飲む日焼け止め 効果 いつから飲み始めると良いの?

 


 

 

抗酸化成分や美白成分が入っているものなら、場だけの対策ではなく1年を通して飲み続けていても大丈夫そうです。

そうすると紫外線の影響を受けにくい体に変化していきついでに美白効果も高まっていきます。

 

今日から飲み始めても十分ということですね!

 

 

 

飲む日焼け止め 効果 まとめ

 

飲む日焼け止めについて紹介してきました。最近は何でもあるんですね~これってでも、飲み続けることで日焼けをしない耐性ができると言う事になりますよね。

人間の新たな進化につながってしまうのではないでしょうか?日焼けをしないタイプと日焼けをするタイプに分類されて、日焼けをしない側の人間が優勢人種・日焼けをするタイプの人間は劣勢人種なんて区別されそう~

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes