ぎゃー!シミとそばかすを消す方法 3つの対策と3つの食事

Pocket

スポンサードリンク

ぎゃー!シミとそばかすを消す方法 3つの対策と3つの食事

 


 

 

シミとそばかすなんて~気にしないは~♪鼻ぺちゃ~だって~だって~お気に入り~♪

懐かしい~フレーズだと思った方は挙手してくださいね~!アンソニーは途中でいなくなってしまいますが、シミとそばかすは、いつまでたっても残っています。このシミとそばかすって一体何なのでしょう?

 

 

 

 

シミ そばかす 消す シミとそばかすの違いとは?

 


 

 

シミとそばかすって似ていますが全く別物って知っていましたか?

シミは30歳を超えた辺りからでき始め、産後のホルモンバランスの変化やストレス・生活習慣の乱れによって、出来る後天性のメラニン疾患なのです。

 

そばかすは、幼少の頃から見られる遺伝的要素が、かなり大きいようです。

6歳前後辺りから頬と鼻の周辺に細かく出来る色素沈着の事を言います。シミよりは大きさは小さく散らばるようにできるのが特徴なのです。

キャンディ・キャンディーはかなり若いんですね~

 

 

 

 

シミ そばかす 消す 何故シミは出来るの?

 


 

 

シミが出来る原因は一体どうして?と思っている方も多いのではないでしょうか?

先ほど少し紹介しましたが、シミは後天性のメラニン疾患です。疾患ですから何らかの原因があるはず!

 

1.加齢が原因

人間いくら若づくりしていても、歳はとって行きます。シミは、30歳を超えないと出てこないとされています。

それは肌のターンオーバーが遅れ気味になりメラニン色素の生成がターンオーバーより先行してしまうからなのです。

新陳代謝が加齢により悪くなっているという証拠です。

 

 

2.ストレスが原因

ストレスが多い人ほどシミが多くできやすいと言われています。

ストレスによって肌のターンオーバーのタイミングが悪くなってメラニン色素が先行してしまいます。

またストレスによってホルモンバランスが崩れると肌のターンオーバーもグタグタになってしまいます。

 

 

3.紫外線が原因

紫外線が原因と言っても昨日・今日の話ではありません。

若いころから「夏は心の窓を開けて~♪」なんていいながら浜辺を闊歩していませんでしたか!?

紫外線を若いころにたくさん浴びた事によって蓄積した物が一気に噴き出してくるのです。

 

 

4.自律神経が原因

人の自律神経は簡単に崩れてしまう物です。崩れると自分では修復できない、たちの悪さです。

自律神経が乱れると夜寝れない等の症状を引き越しストレス過多状態になってしまうので、当然肌にも影響を及ぼします。

 

Sponsored Link


 

 

シミ そばかす 消す 何故そばかすは出来るの?

 


 

 

そばかすは、基本的には優先遺伝なので、自分にそばかすがあった場合には、自分の親のどちらかにもそばかすがあるはずです。そばかすは幼少期~思春期にかけてできる率が高く、シミと同じ過程で出来るのですが、顔や背中・手の甲等に斑点状にできるのです。

そばかすは、代々伝わる家宝のように代々遺伝で伝わって行く様です。

何が原因?と聞かれたら「遺伝子のせいなの。」と胸に手を当てて目を潤ませてください。

 

 

 

 

シミ そばかす 消す 両方を濃くしない為には?

 


 

 

 

シミとそばかすが出来るメカニズムは基本的には同じです。後天性か遺伝性かの違いと言ってもいいかもしれません。

両方とも同じ方法を取れば濃くしないようにできるといわれています。

 

 

1.紫外線を浴びない!

完全に紫外線をシャットアウト!

するのがいいのかもしれませんが、それは無理な話なので、必要以上に紫外線を浴びない事です。

 

 

2.ビタミンを取る

ビタミンcでメラニンの定着を防ぎ、ビタミンEで肌の新陳代謝を活性化し、ビタミンAでメラニン色素の原因である活性酸素を除去をする!

ビタミンを取るって大事なんですよ~

 

 

3.肌に刺激を与えない

メラニンは肌に刺激を与える事でも作られてしまう様です。

もともとメラニンは肌を守る防衛機能なので、必要以上の刺激を受けると防衛機能が働きメラニン色素が生成されてしまうのです。美白になる為、ガンガン洗顔したり、マッサージも力を込めてすると逆効果と言う事です。

 

 

 

 

シミ そばかす 消す 両方を薄くする為には?

 


 

 

シミとそばかすを薄くする方法は、美肌対策と同じと思っていた方がいいでしょう。

 

1.紫外線対策

必ず日焼け止めクリームを塗って、日傘などで余計な紫外線を浴びないようにします。

日焼け止めや化粧品の油脂を綺麗に落として、化粧水などで保湿して軽くマッサージをする事です

 

2.ビタミンを取る

これも先ほど紹介したように濃くしない為と同じ原理ですから、ビタミンを取ることで肌のターンオーバーを早める事で薄くします。

この時、心の中で「加速装置!」と叫ぶ事が大事です!

 

3.生活習慣を整える

これは、肌だけでなくストレスにも有効な対策です。生活習慣が乱れてしまうと、ストレスが知らないうち溜まってしまって肌へ悪影響を及ぼしますからね。

早く寝て同じ時間に起きて、同じ時間にごはんを食べる。リズムが大事なのです。

 

 

紫外線対策はこちらも併せてどうぞ

 

スポンサードリンク

美白 日焼け止めの塗り直しのタイミングと適切な塗り方



飲む日焼け止めは効果がある?副作用や飲むタイミングは?



 

 

 

シミ そばかす 消す 効果がある食べ物は?

 


 

 

これは、口が酸っぱくなるほど紹介してきましたが、ビタミンを取りまくるのです。

ビタミンC

ビタミンE

ビタミンA

の入った食べ物を効率よく取ることが大事ですから、果物類やレバー・チーズ等も摂取するといいでしょうね。

 

 

 

シミ そばかす 消す まとめ

 

シミとそばかすについて紹介してきました。似てるようで異なる物。それがシミとそばかす。

女性にとっては、これがあるだけでもストレスになるでしょうから、うまくケアしながら薄くしていく方法がいいでしょうね。

無理は禁物です。早く薄くしたいからと言って無理すればどこかで反動がきますからね。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes