風邪の食事 風邪の症状と対策
Pocket

スポンサードリンク

 

風邪の食事 対策 かぜ(風邪)ってなんだろう? 根本のところを考えてみる

 

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

 

かぜ(風邪)って身近な病気だけれど、実際のところはどうなの? と考えたことはありませんか。
今回は風邪に関するあれやこれやを、仕組みや症状、対処法などを中心に調べてみました。

 

 

風邪の食事 対策 風邪を引くというけれど風邪って何?

 

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

 

一般的に「かぜ」と呼ばれる病気の正式な名称は「かぜ症候群」といわれます。

 

「普通感冒」「インフルエンザ(流行性)感冒」「喉頭炎」「気管支炎」など、主に上気道におこる急性の炎症を指します。

かぜ症候群の原因の80%~90%はウイルスの感染です。その他には、寒さ・アレルギー・細菌感染などがあげられます。

 

かぜ症候群は、ウイルスの違い、感染した場所によって症状が違います。

一般的には、空気中に浮遊するウイルスが息を吸うことによって、鼻やのどにくっつきます。

鼻や喉の粘膜ではウイルスが増殖して炎症を起こします。

 

炎症が鼻の粘膜で起こると鼻水や鼻詰まりの原因になり、のどから気管支までに到達すると、声かすれやせき、痰などの症状になります

 

 

風邪の食事 対策 ところでかぜ症候群の症状ってどういうの?

 

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

 

風邪の主な症状はこちらです。
☑  くしゃみ、鼻水、鼻詰まり

☑  発熱

☑  鼻や咽喉(いんこう)の炎症

☑  頭痛、関節痛

☑  せき、たん

☑  食欲不振 など

 

インフルエンザは、毎年冬季、11月から3月に急激に流行しやすい病気です。

一般的に1~2日の潜伏期間のあと、最初に38~39度の高熱が出ます。

 

その後、悪寒や頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの強烈な全身症状が出ます。鼻づまり、鼻水、のどの痛みなど、上気道の炎症を伴うこともあります。

 

高熱は3~4日目に下がり始め、それとともに全身症状も治まっていきます。

一般的に10日以内に回復するようです。

 

 

風邪の食事 対策 かぜ症候群症状に別の対処法

 

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_s

 

かぜ症候群にかかったら、一刻も早く治したいと思うものです。けれど、かぜの症状は様々です。

症状にあった治療法を実行しましょう。

 

風邪の食事 対策 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり

 

鼻水やくしゃみが出るということは、せきの場合と同じように、ウイルスを外に追いやろうとする機能が働いているために起きるのです。
鼻水が透明なときは鼻かぜ(鼻の症状だけのかぜ)で、これが黄色、ネバネバした鼻水になってくると、本格的なかぜの症状に近いということになります。鼻かぜの段階に対処できれば、早期治療に繋がるのです。

 

☑ 安易に風邪薬に頼るのは良くない。

☑ 体の免疫機能に任せるのがより良い治療法。

☑ 鼻詰まりがひどく、呼吸が苦しい場合は加湿する。

☑ 蒸しタオルを鼻周辺にかけるのも効果的。

☑ ヴィックスベポラップなどをぬるのも症状緩和に役立つ。

 

とにかく保湿をすることが大事です。

 

Sponsored Link

風邪の食事 対策 発熱

 

発熱がある場合には、暖かくして体温を保つことが重要になります。

 

これには人間の免疫システムが深く関係しているのですが、体温は1度下がると30%免疫機能が下がるといわれており、1度上がると5倍ほど上昇します。

 

発熱があるということは、体が正しく免疫機能を働かせてウイルスと戦ってくれている証拠なのです。

37度~37.5度の状態が最もウイルスに抵抗するために好ましい体温です

これ以上上がると体がしんどくなってしまいます。そのため、この体温を保つため、体を暖かくするということが重要になると考えられます。

スポンサードリンク

 

 

風邪の食事 対策 のどや咽喉(いんこう)の炎症

 

くしゃみ、鼻水、鼻づまりと同じく、保湿が重要になります。

せきをするとのどが乾燥しやすっくなり、それによってまたせきが出るので、連鎖的にのどの環境が悪くなります。

それを防ぐために、部屋の乾燥に気をつけることは症状の緩和につながります。

 

また、インフルエンザも湿気に弱いウイルスです。

保湿法としておすすめしたいのがマスクですが、マスクはかぜの予防法としても効果が期待できます。

かぜが流行する時期には、普段から心掛けてマスクをつけるようにしましょう。

また、鼻呼吸を普段からすることも、かぜの予防に繋がります。

 

 

風邪の食事 対策 頭痛、関節痛

 

風邪による頭痛であれば、頭痛薬に頼らずに風邪を治すほうがベターです。

しっかりと栄養のある食事をして、睡眠をきちんととり、休息することが重要です。

しかし、我慢ができないような痛みは鎮痛剤で和らげることも必要なのではないかと思います。

 

かぜが原因で節々が痛い場合にマッサージを安易にするのは厳禁です。

免疫がリンパ節でウイルスと戦ってくれているため、節々は痛みます。

そこでウイルスを止めていてくれているのに、マッサージをすることで血液の流れに乗せて、全身に運ばせるなんて考えても恐ろしいですよね。

 

 

風邪の食事 対策 腹痛

 

胃腸かぜともよばれています。

腹痛のほかに吐き気をもよおすこともあります。特に冬の胃腸風邪の際には、ノロウイルスが疑われます。

ほかにも、ロタウイルス、アデノウイルス、サルモネラ、腸炎ビブリオ。カンピロバクター、病原性大腸菌などといった原因が考えられます。

 

これらのウイルスにかかった場合は下痢症状が現れますが、下痢止めなどは使わないほうがよいとされています。

それはウイルスを早く排出するためです。

 

しかしこの場合には水分補給がポイントとなります。

胃腸は弱っている状態なので、基本的に暖かくて胃腸に優しい飲み物を選びましょう。

 

☑  常温、もしくは温めたポカリ

☑  白湯

☑ 冷たい飲み物やカフェイン入の飲料、炭酸水などは刺激が強いのでやめておいたほうが得策
また、水分を摂ってもすぐに吐いてしまったり、尿がでない、下痢が全く止まらないなどの症状が現れた場合は、すぐに医師の診察をお願いしましょう。

嘔吐物、排泄物にはウイルスが含まれているため、看病をするほうも、マスクやビニール手袋をするなどの対策が必要です。

 

 

風邪の食事 対策 風邪の時は何を食べたらいいだろう?

 

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_s

 

 

かぜに効く食事として一番効果的なのは「温かい食べ物で体を温める」ことです。

外側からだけでなく、内側からも体をあたためることが効果を上げる方法です。

 

☑ 鍋料理

いろいろな食材を一度に摂れて、栄養バランスに優れています。また消化もよい物が多いです。鍋をすることで水蒸気が上がり部屋も温まりますので、内側と外側から効果的に体を温めることができます。

☑ 豆腐

豆腐には抵抗力を高めたり、発熱時に不足する栄養素が含まれているので、風邪にはぴったりです。鍋に入れると温まって一石二鳥ですね。

☑ おかゆ・うどん

消化の良い煮込みうどんやたまご雑炊は体を温めるだけでなく、栄養価も高いのでおすすめです。

☑ 卵酒

卵白に含まれるリゾチームの細菌を殺す作用と、日本酒の体を温めながら熟睡できる作用とが結びついて、風邪を治してくれます。レシピはこちらから

 しょうが湯

しょうがは、免疫力を高める効果があり、また体を温めるので、風邪の治りが早くなります。咳止めの効果もあるので、咳がひどい時は試してみましょう。

 

風邪の食事 対策 まとめ

 

かぜに関するあれやこれや、いかがでしたでしょうか?
かぜに対抗するには素早い対処が肝心です。しっかりと体を温めて、保湿をして、ゆっくりと休息をとりましょう。

スポンサードリンク