アンガーマネジメント 短気さん必見!怒りをコントロールするには
Pocket

スポンサードリンク

アンガーマネジメント 短気さん必見!怒りをコントロールするには

 

 

 

じゃんかじゃんかじゃか~じゃ~ん♪

コントの締めの部分です。それって・・アンガールズでは・・アンガールズをマネジメントする事ではないの!?

 

たぶん・・きっと・・確実に違います。

 

アンガーマネジメントととは一体何なのでしょう?

それはもしかすると、あなたを幸せにする魔法の言葉かもしれませんよ。

 

 

 

アンガーマネジメントとは

 

 

 

アンガーマネジメントと言う言葉を初めて聞く方も、いる事だと思います。

 

アンガー=怒りやイライラ

マネジメント=管理・コントロールする事

 

直訳的に言うと、怒りやイライラを管理コントロールすることで、良好な対人関係を構築する事です。

 

怒りやイライラは周りの人に良い影響を与えず、その場の雰囲気を悪化させてしまいます。

また、周囲にも怒りやイライラは伝染します。

 

この怒りやイライラが何から起きて、どのくらいの大きさなのかなど、自分の怒りやイライラとうまく付き合う事ことを目的とする物です。

これを学んで実践しただけで、年収が2倍になったと言う例もあります。

 

 

 

アンガーマネジメント 「怒り」のメカニズムとは

 

 

怒りとはそもそも、なんなのでしょうか?

それは頭に来るからでしょ~となりますよね。

 

喜怒哀楽という感情表現は、動物が生きるために備わった表現なのです。

特に怒りは自分の身に危険がせまった時に沸き起こる感情なのですが、身の危険には身体的な場合と自尊心や名誉など傷つけられた場合があって、その時に怒りが沸き起こるのです。

 

怒りは怖い事に「生死にかかわる行動を起こさせる感情」でもあります。

怒りに我を忘れて傷つけてしまった。なんてニュースなどで聞いた事はありませんか?

 

ただこの怒りの感情が無ければ、人間としての機能も働かなくなる事も事実なのです。

 

 

 

Sponsored Link

アンガーマネジメント 短気な人は何故直ぐに怒るのか

 

 

 

短気な人って何がスイッチで怒り出すのか分からないですよね~。

短気な人が怒る場合、「自分がバカにされてる」「自分は周りの人より偉いんだ」などとプライドが高い傾向にあります

スポンサードリンク

 

また「人の悪口」「人に対して嫌味を言う」等も短気の人には備わっています。

 

これらは全て心の中では裏返しなのです。

 

☑ 心の中はいつも不安感でいっぱいな為、それを人に悟られたくない心理が働き怒る行為に走る。

☑ 自分の思い通りに行かない不安感から、それを悟られたくない心理が働きイライラへとつながって行く。

 

これらが短気の人のパターンです。

 

 

 

アンガーマネジメントの学び方は?

 

 

 

基本的には、アンガーマネジメント講座を開設しているカルチャーセンターがあれば、そちらを受講する事が可能です。

受講金額はそのセンターによって変わるので確認をとりましょう。

 

カルチャーセンター等講座がないようであれば、後はアンガーマネジメントの本を読んで実践していくしかありません。

 

主に以下の様な事をすると良い様です。

 

 

☑ イライラに点数を付ける

☑ イライラの順番を付ける

☑ イライラを書きだす

☑ 人の価値観を受け入れる

☑ イライラした時、自分を落ち着かせる言葉を決める

☑ 頭にきたら一呼吸おく

☑ 何でもケチを付けずにそれを褒める

☑ 完璧を目指さずに80%ぐらいで満足する努力をする

☑ 頭にきたらいったんその場/状況から離れてみる

 

などを心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

アンガーマネジメントを学ぶとどうなるのか

 

 

アンガーマネジメントを学ぶことで、学業の成績がよくなったり、仕事での成功する確率があがったりする事があります。

それは、怒りをコントロールする事で、怒りを「絶対やり遂げてやる!」「絶対合格してやる!」など、モチベーションを高い位置で維持出来る様になるからです。

 

つまりは怒りをモチベーションに変える事で、やる気を引き出すと言う事になります。

そして、怒りの感情をコントロールする事を身につけるだけで、モチベーションや人との関係を良好にする事ができるようになるのです。

 

 

アンガーマネジメント まとめ

 

アンガーマネジメントについて紹介してきました。

短気の時は確かに不安感の塊りだったような気がします。時と共に諦めと言う言葉を受け入れた時に「怒り」は確実に減って行きます。これはアンガーマネジメントではないのでしょうが、ある種の回避行動になりまります。大人なのに怒るの大人げないと言う方もいるでしょうが、まだ諦めと言う言葉を受け入れたくない!と言う方はまだ、飛躍するチャンスが残っていると思っていた方が良いでしょうね。ま~人生諦めが肝心なのですけどね~じゃんかじゃんかじゃか~じゃ~ん♪

スポンサードリンク